巨人 まずは3位へ初3本柱ローテ 田口&菅野&マイコを投入

[ 2017年7月21日 08:34 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2017年7月21日    横浜 )

ノックを受ける菅野(左)と田口             
Photo By スポニチ

 巨人が21日から田口、菅野、マイコラスの3本柱を投入する。計25勝10敗で15の貯金をつくり出している3枚の同一カード起用は今季初めて。4位から5ゲーム差で追う3位DeNAとの順位逆転へ、まずは眼前の直接対決に懸ける。

 開幕投手を務めたマイコラスは、主にカード初戦に登板してきた。次回は25日の広島3連戦初戦(岐阜)が有力視されていたが、中5日で23日にまわる。飲酒トラブルの疑いで山口俊が離脱。先発陣の駒不足の中、首脳陣は現状で先を見据えるよりも、目の前の試合をとるローテーションを再編成した。

 この日はそろって川崎市のジャイアンツ球場で調整。初戦に登板する田口が「大事な試合が続いていく。一戦必勝です」と言えば、2戦目のエース菅野は「DeNA打線はいいと思いますが、やることは一緒」と話した。4カード連続で勝ち越し一時は11まで膨らんだ借金は現在5。まずは3位浮上を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月21日のニュース