【京都展望】混戦も龍谷大平安軸

[ 2017年6月25日 05:30 ]

 混戦だが、春の府大会を制した龍谷大平安が筆頭格だ。投手陣は2年生右腕の小寺、打線は左の岡田が軸で、投打のバランスがいい。

 春準優勝の綾部はエース四方裕が大黒柱。春4強組の京都国際と立命館、福知山成美、東山、京都翔英、立命館宇治などが追う。乙訓も力を秘める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース