オリ黒木 球団新人46年ぶり月間4勝 前日危険球退場の影響なし

[ 2017年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―1ロッテ ( 2017年6月24日    ほっと神戸 )

<オ・ロ>5勝目を挙げナインを迎える黒木(中央)
Photo By スポニチ

 オリックス・黒木が6月4勝目を挙げた。8回から2番手で登板。2死から連続四球を与えたが、代打・井口を146キロ直球で中飛に仕留めると、直後の攻撃で小島にプロ1号の決勝本塁打が出た。

 月間4勝は球団の新人では71年阪急の児玉好弘以来、46年ぶり。「打たれてもいいから高めの強い球で行こうと思った」と、前日に危険球で退場処分を受けた影響を感じさせない強気な攻めが光った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース