2度ボーク取られイライラ…ロッテ唐川「反省して次に取られないように」

[ 2017年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―2オリックス ( 2017年6月24日    ほっと神戸 )

<オ・ロ>7回無死一塁、中島の時にこの試合2度目のボークをとられ審判に詰め寄る唐川(中央)
Photo By スポニチ

 ロッテ・唐川が7回3安打1失点の好投も、判定に泣いた。4回無死一塁で白井三塁塁審から「(セットポジションで)完全静止していなかった」とボークを宣告され、同点とされる足がかりをつくった。

 7回に2度目のボークを取られ、珍しくイライラを見せた右腕。試合後は「審判に分かりづらいのかな。反省して次に取られないように」と冷静に振り返った。

 伊東監督は「締まった試合だっただけに残念。(審判が)取ろうとしているようにしか見えなかった」と首をひねった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース