マエケン 渡米後最速153キロ「投球が良くなっている要因」

[ 2017年6月25日 05:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース6―1ロッキーズ ( 2017年6月23日    ロサンゼルス )

ドジャースの前田(AP)
Photo By AP

 ドジャース・前田が2度目の救援登板で好投し、今季最長の8連勝に貢献した。

 4点リードの7回に救援し、1回を無安打1奪三振の3者凡退。直球は渡米後最速となる95マイル(約153キロ)をマークし「こっちに来てスピードが落ちていた。直球の質、スピードが上がってきたことが投球が良くなっている要因」と手応えを口にした。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース