オリ3、4番が連弾!小谷野4号も「まぐれっす。ロメロは実力」

[ 2017年6月25日 17:32 ]

パ・リーグ   オリックス5―1ロッテ ( 2017年6月25日    京セラD )

<オ・ロ>お立ち台で笑顔の小谷野(左)と西
Photo By スポニチ

 オリックスは3、4番の小谷野とロメロで計4打点を挙げて、2連勝でカード勝ち越し。福良監督も「クリーンアップがいい仕事をしてくれた。頼りになりますね」と目を細めた。

 1―1の6回1死二塁から小谷野が左翼線へ勝ち越しの適時二塁打を放つと、続くロメロも中越えへ適時二塁打。8回にはロッテ3番手・益田の変化球を小谷野が左翼スタンドへ運ぶと、ロメロは左翼席上段に飛び込む12号ソロと、2者連続アーチでダメを押した。

 4月22日のロッテ戦以来となる今季3勝目を挙げた西とともにお立ち台に上った小谷野は、「もっと楽な展開で投げさせてあげたいといつも思ってるんで、次の試合こそもっと早くに点を取って、9回まで投げてもらいたい」と右腕にねぎらい。自身の4号ソロについては「あれまぐれっす」と謙そんし、ロメロの一発には「あれは実力です」。打った感触を問われると「あんまり打ったことないから分からないっす」とトボけて本拠地のファンの笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース