ハム 66戦目で自力V消滅…大谷2日連続出番なし

[ 2017年6月25日 05:45 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2楽天 ( 2017年6月24日    札幌ドーム )

<日・楽>10回、ネクストバッターズサークルに立つ大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムは延長11回に力尽き、66試合目で自力優勝の可能性が消滅した。

 前年日本一チームが球宴前に自力優勝が消えるのは14年の楽天以来。それでも、栗山監督は「全然関係ない」と前を向いた。

 10回2死一、二塁で大谷がネクストバッターズサークルで代打待機。指揮官は「四球でつながる可能性があったから」と話した。結局、復帰から2日続けて出場機会なし。「準備はしていた」という大谷は「出られるなら出たいし、打てるものなら打ちたい。やることは変わらずしっかりやりたい」と話した。大谷は試合前に直球主体で約40球の投球練習も行った。二刀流の本格復帰が待たれる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース