【岡山展望】攻守隙なし創志学園

[ 2017年6月25日 05:30 ]

 4季連続の甲子園出場を狙う創志学園が軸になる。投打の大黒柱・難波を中心に攻守に隙がない。

 対抗は最速148キロ右腕・斎藤寛を擁する玉野光南。打線も力をつけており、逆転を狙う。春の県大会4強の倉敷商は左右で主戦級をそろえた投手力が売り。地力ある関西、興譲館が追う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース