【和歌山展望】強力打線の智弁和歌山が一歩リード

[ 2017年6月25日 05:30 ]

 春の県大会を制した智弁和歌山が一歩リードする。蔵野を中心とした打線は強力で、腰痛の林が復帰すれば、破壊力は増す。

 箕島は147キロ右腕・中川の出来次第。春の県大会で準優勝した和歌山商、地力ある昨夏代表の市和歌山、驚異的な粘りを見せる紀北工、紀央館も上位を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース