ヤクルト 自力V再消滅…光はバレ2軍戦で場外弾含む4安打4打点

[ 2017年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―5DeNA ( 2017年6月24日    神宮 )

 ヤクルト・山田が4打数2安打で5月19日阪神戦以来のマルチ安打。「何か(兆しが)見えてきた感じ」と話したが、完敗で自力優勝が再び消滅。真中監督は「石田は的が絞りづらかった」と振り返った。

 一方、イースタン・リーグ、日本ハム戦では右足違和感で離脱中のバレンティンが場外弾を含む5打数4安打4打点と爆発。最短で27日巨人戦(山形)から1軍復帰する可能性が出てきた。また、背中の張りで離脱した小川も同戦で実戦復帰し、8番手で1イニングを無失点に抑えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月25日のニュース