巨人・篠原 1軍練習合流「ここがゴールではない」

[ 2017年4月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2017年4月18日    熊本 )

篠原(左)は高橋監督と握手
Photo By スポニチ

 育成選手から支配下選手登録された巨人・篠原が、熊本市内のホテルで会見に臨み「ここがゴールではない。1軍の戦力になることが次の目標。守るものも恐れるものもない。ゆくゆくは終盤の7、8、9回を任される投手になりたい」と抱負を語った。

 その後は市内の室内練習場で1軍練習に合流。サインプレーの確認などを行った。18日に出場選手登録される予定で「2年連続トリプルスリーを達成している山田選手と対戦したい。一番いい打者だと思うので」と対戦を心待ちにした。会見に同席した堤辰佳GMは「彼の特長である速い球を武器に一試合でも多く勝利に貢献してほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース