法大 5回以降は1人も走者出せず「打線が打てなかった」

[ 2017年4月18日 05:30 ]

東京六大学野球第2週最終日   法大0―2立大 ( 2017年4月17日    神宮 )

 法大打線は5回以降は1人の走者も出せず、1安打零敗。引き分けを挟んで開幕4連敗となった青木久典監督は「前を向いていかないといけない」と気持ちの切り替えを強調した。

 先発・熊谷が2回1/3で7安打を浴びながらも2失点。2番手・長谷川が5回2/3を1安打無失点と投手陣が試合をつくっただけに「今日は打線が打てなかったのが全て」と打線の奮起を促していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース