プロテクター付着“疑惑球” オークションで21万円超落札

[ 2017年4月18日 08:45 ]

プロテクターに付いたボールに苦笑いのモリーナ(AP)
Photo By AP

 大リーグ屈指の捕手、カージナルス・モリーナの守備中にプロテクターに付着した球が球団のネットオークションに出品され、2015ドル(約21万7600円)で落札された。

 この球は6日のカブス戦で空振り三振を奪った時のもの。バウンドして胸部についたためモリーナが見失い、打者は振り逃げで一塁に生きた。試合後、粘着性物質の使用疑惑で物議を醸した。本人は原因は分からないとし「ばかな質問」と切り捨てた。大リーグ機構は調査の結果、違反はなかったとしている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース