青学大 ドラフト候補右腕の葛川 183球の熱投実らず黒星も「3回戦も行きます」

[ 2017年4月18日 20:32 ]

東都大学春季2部リーグ戦   青学大3―4立正大 ( 2017年4月18日    大和 )

13回完投も敗れた青学大の葛川
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補右腕の葛川知哉投手(4年、大阪桐蔭)が13回3失点183球の熱投も実らず黒星を喫した。13回2死から勝ち越しを許し、9回に同点に追いついた打線もあと1本が出なかった。

 葛川は「最後は単調な攻め方になってしまった」と反省。立正大には昨秋、1勝1敗で迎えた3回戦で延長13回に自らが打たれてサヨナラ負けしただけに「あの時の悔しさがあって、スタミナを強化してきた。きょうは力尽きて負けたわけじゃない。体は大丈夫。3回戦もいきます」と敗戦の中にも収穫を見いだしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース