青木 連続マルチ安打ストップ 日米通算2000安打へ足踏み

[ 2017年4月18日 12:10 ]

アストロズの青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は17日(日本時間18日)のエンゼルス戦に「9番・左翼」で先発出場したが、3打数無安打に終わった。

 スタメンに復帰した12日のマリナーズ戦から3試合連続で1試合2安打。このところ打撃好調の青木だったが、この日は快音が聞かれず、一ゴロ、遊ゴロ、一ゴロ併殺打という結果で、8回の守備からベンチに退いた。

 チームは3―0でエンゼルスに完封勝利。これでアストロズは連勝を5に伸ばした。青木はここまでメジャー通算690安打としており、日米通算2000安打まであと26本に迫っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース