DeNAドラ1浜口 2勝目届かず「カードの頭、週の頭にこういう投球したら救援陣に負担」

[ 2017年4月18日 22:51 ]

セ・リーグ   DeNA3―4広島 ( 2017年4月18日    マツダ )

5回、無死満塁のピンチを1失点で切り抜け笑顔を見せる浜口(左)と高城のDeNAバッテリ
Photo By 共同

 DeNAのドラフト1位左腕、新人浜口は5回1失点で勝利投手の権利を得て降板したが、救援陣が打たれて2勝目に届かなかった。124球の力投も報われず「カードの頭、週の頭にこういう投球をしたら救援陣に負担がかかる」と悔しがった。

 「相手は強いイメージがあった」と慎重になり、ボールが先行する苦しい投球。だが、ピンチでのマウンド度胸は光った。初回1死満塁では鈴木とエルドレッドを連続三振。5回は無死満塁で新井を空振り三振に仕留めるなど、押し出し四球による1点にとどめた。次回に向けて「先発の役割を果たしたい」と反省した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース