広島 最終回逆転サヨナラ!会沢が決めた DeNAパットン踏ん張れず

[ 2017年4月18日 21:39 ]

セ・リーグ   広島4―3DeNA ( 2017年4月18日    マツダ )

<広・D>9回裏1死二、三塁、サヨナラ打を放ち、ガッツポーズの会沢(右)
Photo By スポニチ

 広島が最終回の集中打でDeNAに逆転サヨナラ勝ちした。

 1点を追う9回、新井、鈴木の連打で無死一、二塁としエルドレッドの左中間安打で追いつくと、小窪の犠打で1死二、三塁として会沢が中前打で決着を付けた。

 投げては先発野村が6回3失点で試合を作ると、2番手薮田が2回無失点の好救援、9回は中田が抑えた。

 DeNAは5回に3点を先制、リードして9回を迎えたがパットンが踏ん張れなかった。

 ▼会沢の話 最高です。絶対決めてやるという気持ち(で打席に入った)。(チームは)一人一人気持ちで一丸となってプレーできている。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月18日のニュース