外野手が交錯…審判員が「突発事故」と判断 本塁打→三塁打

[ 2017年3月27日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第7日・2回戦   健大高崎7―7福井工大福井 ( 2017年3月26日    甲子園 )

 第3試合の3回2死一、二塁で高崎健康福祉大高崎・小野寺の打球を追った福井工大福井の右翼・吉田と中堅・山内が激突。両者が倒れ込む間に打者走者の小野寺も生還した。

 しかし、審判員は突発事故で選手がプレーできなくなった場合は審判の裁量でタイムを宣告できる野球規則5・12「“タイム”の宣告」を適用。生還は宣告後とみなされた。

 審判員の協議で小野寺は三塁打として2点は認められ2死三塁で再開された。大会本部は「ボールデッドのタイミングは難しいが、審判員が判断した」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース