延長15回引き分け再試合 06年斎藤佑の早実は春夏で経験

[ 2017年3月27日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第7日・2回戦 ( 2017年3月26日    甲子園 )

 26日の甲子園は、第2、3試合目がいずれも延長15回引き分け再試合。引き分け再試合の規定が設けられて以降、引き分け再試合は14年春2回戦の桐生第一―新庄戦以来、春、夏通じ11、12度目で、春は6、7度目。1日に2度はもちろん、1大会で2度も初の珍事だ。

 なお、年間2度は06年にあり、カードは春2回戦の早実対関西、夏決勝の早実対駒大苫小牧と、ともに早実・斎藤佑樹(現日本ハム)が関わっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース