前橋育英、足攻封じられ初8強ならず…投手起用も裏目に

[ 2017年3月27日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第7日・2回戦   前橋育英0―4報徳学園 ( 2017年3月26日    甲子園 )

<報徳学園・前橋育英>2回からマウンドに上がった前橋育英・丸山
Photo By スポニチ

 <群馬・前橋育英>初の8強進出はならなかった。冬場に走塁を強化してきたが、この日は2度の盗塁死もあって零敗を喫し、荒井直樹監督は「スタートは成功したが、捕手の送球が素晴らしかった」と脱帽。

 投手起用も裏目に出た。1メートル92の長身右腕で背番号10の根岸が公式戦初先発したが、1回4失点KO。2回から救援のエース左腕・丸山が最後まで無失点に封じるという皮肉な結果となった。「チームに申し訳ない」と泣く根岸を、指揮官は「夏に向けてさらに伸びてほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース