炭谷ヒヤリ負傷交代 左足ひねり倒れ込むも軽症強調「全然大丈夫」

[ 2017年3月27日 06:06 ]

オープン戦   西武4―2DeNA ( 2017年3月26日    メットライフD )

<西・D>3回無死二塁、源田の送りバントで三塁に滑り込んだ炭谷は足を痛めてベンチに下がる
Photo By スポニチ

 「8番・捕手」で出場した西武・炭谷が負傷交代した。3回に左翼線二塁打で出塁。源田の犠打で三塁に滑り込んだ際、左足首をひねって倒れ込んだ。

 そのまま代走が送られ、周囲に緊張感が走ったが、試合後の炭谷は「全然大丈夫」と軽症を強調。メヒアも内転筋痛で4試合連続欠場したが、31日の日本ハムとの開幕戦(札幌ドーム)には出場できる見込みだ。

 メットライフドームで7連勝と良い形でオープン戦を締めくくり、辻監督は打率3割をマークした源田を81年の石毛氏以来36年ぶりに遊撃で新人開幕スタメン起用することを明言。「最後頑張ってきた選手が結果を残してくれた」と評価した。

 ▼西武・木村文(4回に2号左越えソロ)内角の難しい球だったけど良いポイントで打てたから本塁打になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース