松田“代表の雪辱”1号「100点満点の1ダホー!」

[ 2017年3月27日 06:05 ]

オープン戦   ソフトバンク1―1広島 ( 2017年3月26日    マツダ )

<広・ソ>5回無死、左越えにソロ本塁打を放ち、初めての「1ダホー!」を披露する松田
Photo By スポニチ

 心配無用の「1(ワン)ダホー!」だ。ソフトバンク・松田が、5回に大瀬良の高めに抜けたカットボールを左翼場外へ運んだ。25日にチームに合流したばかりで、時差ぼけも訴えていたが、オープン戦出場2試合4打席目での一発。三塁ベンチ前でファンへ向けて、人さし指を立て「1(ワン)ダホー!」と、今季のチームスローガンを叫ぶ新パフォーマンスを披露した。

 「打った瞬間だった。思った通りに打てた。1ダホー!もスベったら(公式戦で)やめようと思っていたけど、スベらなくて良かった。100点満点の1ダホー!(開幕から)いい滑り出しができそうです」

 WBC準決勝の米国戦では1―1の8回1死二、三塁のピンチで決勝点を与える痛恨の捕球ミス。「本当に悔しい思いをした。それを晴らすのはシーズン。30本塁打は打ちたいし、それをクリアして、あとどのくらいプラスできるか。凄い成績を残さないと」と、シーズンに懸ける強い思いを口にした。

 WBCに主力が7人も参加していながら、チームはオープン戦を10勝5敗3分けの2位で終えた。「100%の状態で開幕を迎えられる。気持ちを引き締め、心を整理して向かいます」。侍ジャパンの元気印として引っ張った男が、7番に座る打線は破壊力抜群。日本一奪還のシーズンの準備は、着々と進んでいる。(福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース