セ6球団監督オープン戦総括 広島・緒方監督 勝ち切る野球追求

[ 2017年3月27日 05:30 ]

 【広島】4勝11敗2分け11位

 ▼緒方監督 WBC代表組を脅かす者は出てこなかったが、いいものを見せてくれた選手がいたのは収穫。シーズンに入って行く中で接戦を勝ち切る野球を追求したい。

 【巨人】5勝14敗12位

 ▼高橋監督 若い選手がまだまだ力が足りない。もっと頑張ってほしい。開幕で100%になればいいが、シーズンを戦う中で最終的に勝てればいい。

 【DeNA】11敗1分け9位

 ▼ラミレス監督 いろんなことを試すことができてよかった。打撃陣はよくやっているし、投打がかみ合えばもっとよくなる。シーズンに向けていい準備ができた。

 【阪神】10勝6敗2分け4位

 ▼金本監督 手応えと言うほど、正直…。まあ投手に関しては、ちょっとあるかな。(若手野手は昨年に比べ)その時よりは力が付いているんじゃないかと思う。

 【ヤクルト】7勝7敗4分け7位

 ▼真中監督 やることはやった。中継ぎ陣は秋吉の後ろ(抑え)だけが決まっているが、あとは流動的。投手が粘って引き分けが4試合あった。いい成果だった。

 【中日】5勝11敗3分け9位

 ▼森監督 点の取り方はいいふうになってきた。あとは取られ方、守り切るところが反省点。四球やエラー、ミスを少なくしていかなければいけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース