DeNAドラ9佐野が開幕1軍 ラミ監督「1軍レベルでやれる」

[ 2017年3月27日 06:50 ]

オープン戦   DeNA2―4西武 ( 2017年3月26日    メットライフD )

<西・D>6回無死、佐野が右越えにホームランを放ちベンチに迎えられる
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト9位ルーキーの佐野が、開幕1軍を勝ち取った。オープン戦17試合で打率・319、11打点と猛アピール。ラミレス監督は「これだけの数字を残して、1軍レベルでやれると証明した。彼は開幕1軍でいく」と明言した。

 「左の代打」として期待され、この日も1―1の6回に一時勝ち越しの右越え2号ソロを放ち、勝負強さを発揮した。3日前に指揮官から「このままでいけば開幕1軍」と言われていたが、「まだまだアピールをしたい」。その言葉通り、2ストライクと追い込まれながらも持ち前のフルスイングを貫いた。「ここで満足せず、向上心をもってやりたい」とあくまでも前を見据えた。

 ▼DeNA今永(先発して5回3安打1失点)自分の中で結果を求めていた。合格点はあげられるかな。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース