パ6球団監督オープン戦総括 日本ハム栗山監督 一日一日を必死に

[ 2017年3月27日 05:30 ]

 【日本ハム】11勝7敗2分け6位

 ▼栗山監督 総括はしない。総括するようなチームじゃない。もっとうまくなるように、チームの形を見つけられるよう、一日ずつ必死にやっていくしかない。

 【ソフトバンク】10勝5敗3分け2位

 ▼工藤監督 攻撃はWBC組の3人(内川、松田、デスパイネ)にもヒットが出た。オープン戦の残り5試合、シーズンと同様に戦い4勝1分けと形ができた。

 【ロッテ】13勝2敗3分け1位

 ▼伊東監督 若い選手が競争意識を持って臨んでくれて、勝ち負けは別としても、いい結果を残してくれた。公式戦に入ってもいい形で戦っていきたい。

 【西武】8勝5敗5位

 ▼辻監督 良い競争ができている。外野は田代、木村文が良いアピールをして栗山の状態も良い。投手は先発がどれだけ頑張ってくれるかにかかってくると思う。

 【楽天】6勝9敗2分け8位

 ▼梨田監督 キャンプから継続してやってきた、(相手投手の投球が)ワンバウンドしたときのスタートは良くなった。次の塁を狙うということはやってくれた。 

 【オリックス】9勝5敗2分け3位

 ▼福良監督 やろうとしていることは、できたのではないかと思う。選手の勝ちに対する意識も、だいぶ変わった。これを年間通してやっていってほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月27日のニュース