オリ、舞洲の2軍施設公開 選手寮やサブ球場など充実 総工費30億円

[ 2017年1月26日 19:03 ]

報道陣に公開された、オリックスの室内練習場
Photo By 共同

 オリックスは26日、3月から運用が始まる大阪市此花区の2軍施設を報道陣向けに公開した。

 約30億円の総工費をかけ、舞洲に選手寮やサブ球場を建設。トレーニングルームには最新の機器が導入され、素早く栄養を補給できるようにとの現場の声を反映した「プロテインバー」も設置した。

 室内練習場は現在のものより縦、横ともに約10メートル広くなり、人工芝は来オフに本拠地の京セラドーム大阪で張り替えが予定されているものを先駆けて敷いた。

 ブルペンは4レーンから6レーンに増え、マウンドが本来の半分の高さになったリハビリ用のレーンも新たに設けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース