阪神・柳瀬 3・22“因縁”ソフトB戦も「特別な意識ない」

[ 2017年1月26日 12:44 ]

 ソフトバンクを戦力外になり、今季から阪神に加入した柳瀬明宏投手(33)が26日、前日25日から2日連続で鳴尾浜球場を訪れ、トレーニングを行った。

 この日も投球練習を行わず、外野ポール間走などのランニングメニューを消化。春季キャンプでの調整方法については「自分の体調などと相談しながらやる」と慎重な姿勢を強調した。阪神は3月22日にソフトバンクとのオープン戦(ヤフオク)が組まれており、柳瀬自身にとっては古巣との対決になるが、「特別な意識はなく、11球団の中の1つのチームとして戦いたい」と冷静に意気込みを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース