中日助っ投コンビ 自称163キロ腕と「ドラゴンボール」ファン

[ 2017年1月26日 05:30 ]

中日の新外国人3選手(左から)アラウホ、ゲレーロ、ロンドン
Photo By スポニチ

 中日のホルヘ・ロンドン投手(28=前パイレーツ)とエルビス・アラウホ投手(25=前フィリーズ)も入団会見に臨んだ。

 中継ぎとして期待されるロンドンは「昨年、101マイル(約163キロ)を出した。スピードを出すコツはアドレナリンを出すことなんだ」と豪語。先発、救援ともに経験がある身長2メートルのアラウホは「制球力と変化球に自信がある」と話した。アニメ「ドラゴンボール」のファンでもあり「かめはめ波も、超サイヤ人になるところも好きだよ」と笑顔。すでに17歳の弟が母国・ベネズエラで日本語教室に通い始めるなどサポート体制も整えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース