マエケン WBC辞退に「申し訳ない気持ちある」、メジャー2年目へ渡米

[ 2017年1月26日 21:49 ]

笑顔で手を振り、出発する米大リーグ、ドジャース・前田
Photo By 共同

 米大リーグ、ドジャースの前田健太投手が26日、ロサンゼルスへの出発前に羽田空港で取材に応じ、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場しないことについて「球団の方と話をして、辞退する結果になって申し訳ない気持ちがある」と心境を明かした。日本代表には「世界一になってほしい。どこかで力になれれば」とエールを送った。

 メジャー2年目の目標には、200投球回を挙げた。カットボールなど、手元で微妙に動く球種に新たに挑戦するとし「去年はバットに当てさせてアウトに取る球がなかった。そういう球がほしいと強く感じた」と意欲的に語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース