マー君の考え 古巣・楽天新人に伝授 若手時代振り返る

[ 2017年1月26日 05:30 ]

CM撮影のために何度も投球モーションをする田中
Photo By スポニチ

 ヤンキース・田中が、古巣・楽天の育成契約を含めた新人14選手との質疑応答で「エース学」を伝授した。Koboパーク宮城のクラブハウスで質問を受け付け、自らの考えを伝えた。

 「経験から“僕はこうだったよ”と話した。どう聞こえたかは分かりませんが」と田中。1年目はガムシャラ。2年目までは思うようにいかなかったが、3年目からコントロールを強く意識するようになったと、若手時代を振り返った。精神面では「試合の流れをしっかり読み、ここで抑えたら盛り上がるとか。そういうポジティブな気持ちも大事」などと説いた。

 田中と同じ高卒のドラフト1位右腕・藤平(横浜)は「田中さんのコントロールへの意識の高さ。またプラス思考は本当に勉強になったし、参考にします」と感激の面持ち。田中は3日間の古巣訪問を終え「次、戻ってくる時にはいい報告ができるよう頑張ります」と仙台を後にした。 (後藤 茂樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース