センバツ出場校27日決定 清宮から5Kの日大三・桜井「チャンスあれば頑張る」

[ 2017年1月26日 19:41 ]

 第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が27日、毎日新聞大阪本社で行われる。

 昨秋地区大会成績を資料とする一般選考は北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿7(神宮大会枠1を含む)、中国・四国5、九州4の計29校、21世紀枠は3校が選ばれる。関東・東京は最後の1枠を日大三(東京)と慶応(神奈川)が争う展開となりそうだ。

 日大三のエース左腕・桜井周斗投手(2年)はこの日、投球練習で50球を投げ込み。5割程度の力ながらキレのあるボールを披露した。昨秋東京都大会決勝では早実に敗れたものの、清宮から5三振を奪った。あれから体重は3キロ増の81キロに増量。「センバツのことはあまり考えず、夏に向けてやっている。もし出るチャンスがあるなら頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース