巨人・田口「いつか」日の丸背負う 同い年で同じ左腕・松井裕と

[ 2017年1月26日 05:30 ]

ラジオの公開収録を終えた田口(左)は水野氏にねぎらわれる
Photo By スポニチ

 巨人・田口が東京タワー大展望台でラジオ日本「水野雄仁のGスタジアム」の公開収録に参加。侍ジャパン入りが決まった楽天・松井裕は同い年で、「いつかはそういうところで一緒にプレーできたら」と将来的に日の丸を背負ってともに戦うことを誓った。

 広島新庄3年時には松井裕とともに高校日本代表入り。同じ左腕として「西の田口、東の松井」と注目を集めた。昨年11月のオランダ、メキシコとの強化試合ではプロ入り後、初めて侍ジャパン入りを果たしたが、WBC本大会のメンバー入りはかなわず。一方、松井裕はしっかりと選出され、「僕の何倍も上のレベルを行っている。しっかり追いつきたい」と意気込んだ。20年東京五輪での侍ジャパン入りを目指し、まずは「チームに貢献することが大事」と今季目標を15勝に設定し、シーズンに集中する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース