中日ゲレーロ 4種類のグラブ用意へ「試合に出られるところを」

[ 2017年1月26日 05:30 ]

中日の新外国人3選手(左から)アラウホ、ゲレーロ、ロンドン
Photo By スポニチ

 中日の新外国人選手、アレックス・ゲレーロ内野手(30=元ドジャース)が25日、名古屋市内で入団会見し、春季キャンプに三塁、二塁、外野用に加え、一塁手用ミットと4個のグラブを持参することを明かした。

 「キューバではずっとショート。米国に行って二、三塁になった。ここ2、3年は外野と三塁だったが、ファーストミットも発注しているんだ。チームが必要とするところ、試合に出られるところをやる」

 メジャー通算11本塁打で長打力がセールスポイントだが、守備にも自信があることをアピール。メジャーでは117試合に出場した実績を誇るが、チーム事情に応じて準備する「便利屋」もいとわない構え。すでに超攻撃的オーダーとして二塁起用プランを示している森監督にとっても、嬉しい発言だろう。

 「日本の投手は低めに集めてくるし、制球力がいい」と話すが、ドジャース時代の15年にマリナーズ・岩隈から本塁打を放っている。「とにかく早く、チームと一緒に練習がしたい」と意欲的な優良助っ人は28日にキャンプ地の沖縄に入る。 (桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース