西武ドラ6田村 春季Cにマットレス持参「絶対持っていく」

[ 2017年1月26日 05:30 ]

ブルペンで投げ込む西武・田村
Photo By スポニチ

 西武ドラフト6位・田村(立大)が西武第2球場での新人合同自主トレで4度目のブルペン入り。捕手を立たせたまま、変化球も交えて約30球を投げ「(前回より)良くなってきている」と手応えを口にした。

 最速150キロを誇る右腕。A班(1軍)スタートの春季キャンプには、東京西川のマットレス「エアー」を持参する。大学時代にオーバーワークで腰を痛めた反省からプロ入りを機に購入し「腰のケガ予防の意味も込めて絶対持っていく」。万全の態勢を整え、キャンプでアピールする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月26日のニュース