巨人移籍の森福がグアムへ「一番はけがをしないこと」、坂本勇らも同便出発

[ 2017年1月5日 15:28 ]

 国内フリーエージェント権を行使してソフトバンクから巨人に移籍した森福が5日、自主トレーニングのためにグアムへ出発した。成田空港で「一番はけがをしないこと。しっかりとした球をキャンプで投げられる状態にしたい」とテーマを掲げた。

 同僚となった長野や坂本勇らと同便で、出発前にあいさつを済ませた。「(移籍の)実感が湧いてきた。楽しみな半面、いろんな気持ちがある」と表情を引き締めた。

 また、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選ばれている坂本勇もグアム出発前に成田空港で取材に応じ「キャンプに100%(の状態)で入れるようにしたい」と気合十分だった。

 一緒に練習を行う選手会長の長野は下半身強化がテーマ。「ここ2年、優勝できていない。優勝したい、と選手みんなが思っている。しっかりと調整したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月5日のニュース