宮西 超ハイペース調整!今月中にも本格投球開始

[ 2017年1月5日 05:30 ]

ブルペン入りする宮西
Photo By スポニチ

 日本ハム・宮西が兵庫県内の母校・市尼崎のグラウンドで自主トレを公開。ブルペンで約30球投げ込むなど、WBCに向け、例年より2週間ほど前倒しのハイペース調整を明かした。「1月1日から投げ始めた」と、元日にこのオフ初のブルペン入りを敢行。今月中にも捕手を座らせた本格投球をスタートさせる。

 昨年11月の強化試合では2試合で1回2/3を投げ無失点に抑え、WBC球への対応力をアピール。2月は中田、増井とともに2軍の国頭村(くにがみそん)キャンプに参加予定で調整は一任されている。WBC球について「まだ力を入れると抜ける。(精度を)90(%)くらいにしたい」。現在発表済みの代表19選手で唯一の中継ぎ左腕は、一球の怖さを知っているからこそギリギリまで精度を高めていく。 (柳原 直之)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月5日のニュース