兵庫ディオーネ里 MVP初受賞 13勝挙げ年間女王に貢献

[ 2016年12月4日 05:30 ]

(左から)新人特別賞の加藤、角谷賞(MVP)の里、最優秀新人賞の中田
Photo By スポニチ

 日本女子プロ野球機構は3日に京都市内で開いたコンベンションで、今季の各賞を表彰した。角谷賞(MVP)はリーグ最多の13勝を挙げてチームの年間女王に貢献した兵庫ディオーネの里綾実投手(26)が初受賞。

 「いろいろな人に支えられての受賞。女子プロ野球の顔として、成長していきたい」とリーグの看板を背負う意気込みを見せた。“美人過ぎる”野球選手として話題になった埼玉アストライアの加藤優外野手(21)は、新人特別賞を獲得。新人王には兵庫の中田友実外野手(21)が選ばれた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月4日のニュース