ブルージェイズ 右腕ストローマンがWBC出場へ 悩みの末に米国代表

[ 2016年12月4日 10:00 ]

 メジャーリーグの公式サイトは3日、ブルージェイズの先発右腕マーカス・ストローマン投手(25)が来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に米国代表として出場する意向を示したと報じた。

 ストローマンは母親の故郷であるプエルトリコ代表としても出場可能だったが、米国代表としてのプレーを決断したとのこと。自身のツイッターでは「難しい決断だった。母親には申し訳なく思うが、米国代表としてWBCへ参加することにとても興奮している」とメッセージを発信している。開幕投手を務めた今季の成績は32試合に登板して9勝10敗、防御率4・37。204回を投げてメジャー3年目でキャリア初の規定投球回をクリアした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月4日のニュース