ドラ1桜美林大・佐々木千 ロッテで「優勝に貢献できる選手に」

[ 2016年12月4日 05:30 ]

桜美林大の祝賀会で巨人・川相3軍監督(中央)の話に耳を傾ける佐々木千(右から2人目)
Photo By スポニチ

 明治神宮大会で準優勝した桜美林大が、横浜市の新横浜プリンスホテルで祝賀会を開いた。

 ロッテからドラフト1位指名された佐々木千は「(全国)優勝できなかったのは悔しいが、投球面や考え方の面で成長できた4年間だった」と感慨深げに話した。後輩に交じって練習を継続中で「一年間戦える体力をつけるためにトレーニングをし直している。プロで優勝に貢献できる選手になりたい」と意気込んだ。

 OBの巨人・川相拓也やその父・川相昌弘3軍監督ら650人が出席。川相3軍監督は「今までやってきたことを目いっぱい出せば必ずいい成績が出せる」と佐々木千にエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月4日のニュース