松坂、ウインターリーグで初先発も4回2失点で敗戦投手

[ 2016年12月4日 11:09 ]

キャッチボールする松坂
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの松坂大輔投手が3日、プエルトリコのウインターリーグ(WL)、カロリナの一員として本拠地で行われたカグアス戦に初先発し、4回を1安打2失点、2三振6四球で負け投手となった。チームは1―3で敗れた。

 初回2死から四球を与え、4番モネルに右翼へ2ランを浴びた。2回には3四球で1死満塁とされながら後続を断った。3回には四球で走者を許したが無得点、四回は三者凡退に抑えた。

 松坂は約1カ月間、参加する予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月4日のニュース