更迭のベネズエラ代表監督“元サヤ”に 選手が猛反発

[ 2016年12月4日 05:30 ]

 来年3月のWBCに出場するベネズエラ代表の内紛は、監督更迭劇が「元サヤ」に収まり、鎮火模様となった。

 11月30日にオマー・ビスケル監督が解任され、これに怒った主力の多くが「ビスケルがいなければ我々は参加しない」とボイコットを表明していた。スポーツ専門局ESPN電子版によると、ビスケル監督を再び代表監督とすることで落ち着いたという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月4日のニュース