巨人 陽岱鋼獲得に乗り出す 堤GM「センターラインの強化が狙い」

[ 2016年12月4日 16:16 ]

陽岱鋼
Photo By スポニチ

 大、大、大補強だ。巨人・堤辰佳ゼネラルマネジャー(GM=51)が4日、日本ハムからFA宣言した陽岱鋼(ヨウダイカン)外野手(29)の獲得に乗り出すことを明言した。

 「代理人とやりとりするなかで、今週の頭に正式にオファーしました。代理人交渉なので、今条件の詰めを行っていて、あとは向こうでどう料理していただけるかですね」。すでに山口俊(29)森福允彦(30)両投手をFAで獲得し、元楽天のケーシー・マギー内野手(34)獲得もこの日、正式発表。近年まれに見る大型補強は、来季の3年ぶりのV奪回への本気度の表れ。今オフのストーブリーグで快走中の巨人だが、まだ手を緩めない。日本ハムからFA宣言した陽獲得戦線への参戦表明。同様に陽獲得を目指すオリックス、楽天との争奪戦に満を持して加わる。

 「なかなか固定できなかったセンターラインの強化が狙い」と堤GM。このレースも制すれば先発、リリーフ、内野手、外野手とバランスのいい補強が実現。最後に残った今オフのFAレースが終盤で大きな展開を迎えた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年12月4日のニュース