【有藤通世の視点】継投、打順…栗山采配に「意志」が見える

[ 2016年10月15日 08:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第3戦 ( 2016年10月14日    札幌D )

<日・ソ>8回投手交代を告げる栗山監督
Photo By スポニチ

 短期決戦では指揮官の強い「意志」が、より色濃く試合に反映される。日本ハム・栗山監督の勝負手に、選手が最高の形で応えた。

 初回、前日の2番から5番に回った近藤が先制打。1死一、三塁で中田が三振に倒れた直後、初球の直球を狙い打った。相手バッテリーにしてみれば、捕逸絡みのミスで招いたピンチで4番打者を打ち取って2死に。早く次の打者を追い込みたい、この回を終わりたい、との心理もあっただろう。そこを好球必打。その積極性がレアードの3ランを呼び込む。前日と違う5、6番の打順の並びが存分に機能した。

 3点リードの8回1死一、二塁で打席に柳田を迎えた場面では、栗山監督は左腕・石井に代えて右の谷元をマウンドに送った。左対左のセオリーなど関係ない。今季対戦が2打数2三振というデータ的な部分もあったようだが、何より指揮官の大きな信頼感の表れだった。一発が出れば同点。谷元は丁寧に低めに集めた。打たれたとしても低い打球しか飛ばなかっただろう。結果は二ゴロ併殺打。打順、継投と、栗山監督の強い意志を感じる采配だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月15日のニュース