ソフトB、望みつなぐ1勝!長谷川先制ソロ 今宮&松田にも一発

[ 2016年10月15日 17:07 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦 ( 2016年10月15日    札幌D )

6回無死 松田は中越えソロを放ち熱男!と絶叫
Photo By スポニチ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦が15日、札幌ドームで行われ、1勝3敗(1勝のアドバンテージを含む)と崖っぷちのソフトバンクが5―2で日本ハムに勝利。5番・長谷川の先制ソロなど3本塁打が飛び出し、3年連続日本一へ望みを繋いだ。

 2回に長谷川の中越えソロで先制。3回には2死から中前打で出塁した2番・本多がすかさず盗塁を決め、3番・柳田の中前打で生還。電光石火の攻撃で追加点を奪った。

 4回には8番・今宮が内角球をうまくさばいて左翼へ2ランを放ち、日本ハム・高梨をこの回限りでKO。6回には6番・松田にもソロが飛び出し、日本ハムを突き放した。

 先発のバンデンハークは、5回を終えた時点で2安打無失点とほぼ完ぺきな投球。6回に大谷に右中間へ適時二塁打を許したが、後続をしっかりと斬って6回4安打2失点とまとめた。

 バンデンハークの後を受けた2番手・岩崎と3番手・森福も無失点継投。最後は守護神のサファテがきっちりと締め、ファイナルステージの対戦成績を2勝3敗とした。

 日本ハムは先発の高梨が2回から4回まで3イニング連続失点。打線もバンデンハークを打ち崩せず、大谷の適時打による2点のみに終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月15日のニュース