桜美林大 初優勝に王手!8番打者がサヨナラ弾「打った瞬間に」

[ 2016年10月15日 17:00 ]

首都大学野球リーグ ( 2016年10月15日    バッティングパレス相石ひらつか )

 桜美林大が日体大との3回戦に2―1で勝利し、2014年春の1部昇格以来初の優勝に王手をかけた。

 1点を追う6回、山野辺の2戦連続ソロで同点。8回からはドラフト1位候補の佐々木千が3番手で登板し、2イニングを無失点に抑えた。そして9回2死、8番・佐俣が左越えにサヨナラ弾を放った。

 今季4勝目を挙げた佐々木千は「勝てて凄くうれしい。(9回は)打つんじゃないかという期待があった」と笑顔。人生初のサヨナラ弾を放った佐俣も「打った瞬間にいったと思った。次、絶対勝って監督を胴上げします」と23日の東海大2回戦へ気合を高めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月15日のニュース