須田、故障から復帰即登板で満塁抑えた 山崎康は3人締めだ

[ 2016年10月15日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第3戦 ( 2016年10月14日    マツダ )

<広・D>8回2死満塁、広島・新井の右邪飛を捕球し、ベンチへ戻るDeNA・梶谷(左)と4番手・須田
Photo By スポニチ

 左太腿肉離れで戦列を離れていたDeNAの須田が出場選手登録され、3―0の8回2死満塁で救援。一発を浴びれば逆転を許す場面で、新井を右邪飛に打ち取った。7球全て直球の気迫の投球に「故障明けでも力を抜いては投げられない。少しは流れを変えることができたかな。1秒も無駄にせずやってきてよかった」と振り返った。

 守護神の山崎康も9回を3者凡退に抑え、「野手の頑張りをモニターで見ていた。みんなでつないだ勝利」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月15日のニュース