ドラ1候補 明大・柳が憲伸超え312K!6回まで11Kの力投

[ 2016年10月15日 12:45 ]

<明大・早大>明大の先発・柳
Photo By スポニチ

 東京六大学野球リーグ第6週第1日は15日、神宮球場で1回戦が行われ、今秋ドラフト1位候補の明大・柳裕也投手(4年)が早大戦に先発。6回まで6者連続を含む11三振を奪った。この時点でリーグ戦での通算奪三振を312とし、明大の先輩である川上憲伸(前中日)を抜いて歴代単独12位に浮上した。

 140キロ台中盤の伸びのある直球と、110キロ台のカーブのコンビネーションが抜群。試合は6回を終えて1―1の同点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月15日のニュース