広島・新井 開幕から100%「仕事はランナーを還すこと」

[ 2016年3月24日 05:30 ]

本拠地で打撃練習に汗を流した広島・新井

 広島・新井が自身18回目の開幕に向け、静かな口調の中に闘志を込めた。

 本拠地で迎える25日のDeNA戦。6番・一塁でのスタメンが濃厚だが「打順は関係ない。自分の仕事はランナーを還すこと。100%を出したい」ときっぱりだ。山口に代わる開幕投手となった井納とは、12日のオープン戦で対戦。「いい投手。球種も多いし、テンポもいい」と警戒。今季は残り29本の2000安打、同13本の300本塁打達成に期待がかかるが「積み重ね。目の前の1試合1試合に全力で挑むだけ」と無欲無心を強調していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月24日のニュース