145キロ左腕、花咲徳栄・高橋昂 6失点「夏とは違う重圧があった」

[ 2016年3月24日 05:30 ]

<秀岳館・花咲徳栄>4回、連打を浴びてナインとマウンドに集まる花咲徳栄・高橋昴(中央)

第88回選抜高校野球大会1回戦 花咲徳栄5―6秀岳館

(3月23日 甲子園)
 花咲徳栄(埼玉)は最速145キロ左腕・高橋昂が、6回10安打6失点と打ち込まれ、6年ぶりの初戦突破はならなかった。

 3回に九鬼に逆転の2点二塁打を浴びるなど一挙5失点。最速は139キロにとどまり「自分の投球ができず悔しい」とうつむいた。昨夏の甲子園は救援で3試合に登板し、8強進出に貢献したが「夏とは違う重圧があった」とガックリ。打線は8回に3点を挙げ、1点差に詰め寄る粘りを見せた。岩井隆監督は「良いつながりはできたと思う」と前を向いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月24日のニュース