【有藤通世氏セパ順位予想】ソフトBに追い風 新ルールでデホ退団プラスに

[ 2016年3月24日 11:00 ]

衝突ルールで積極走塁が増えそうな今季、鈍足の李大浩退団がプラスに働く可能性も(写真は川島)

 スポニチ評論家9人が両リーグの順位を徹底予想。セ・リーグは金本知憲監督(47)率いる阪神優勝が5人で最多。連覇を狙うヤクルトが3人で、巨人Bクラスの予想まで飛び出した。対するパ・リーグは9人全員がソフトバンクを1位と予想。3年連続日本一を狙う絶対王者の牙城を崩すチームは現れるのか。

 ≪有藤氏のパ・リーグ順位予想≫

 1位・ソフトバンク

 2位・西武

 3位・日本ハム

 4位・ロッテ

 5位・オリックス

 6位・楽天

 テーマは一つ。ソフトバンク以外の5球団が、いかに王者に対抗する術(すべ)を見いだすか。ソフトバンクは特に投手の層が先発、救援ともに分厚い。昨季の失点はリーグ最少の491。最多の楽天より121も少なかった。打線では李大浩(イ・デホ)が抜けたが、これは走塁面でプラスになるとみる。今季からコリジョン(衝突)ルールが採用された。走力に難のあった李大浩だけに、逆に躍動感あふれる攻撃を展開できるのではないか。

 他の5球団は、主戦級の投手をぶつけるなど積極的に仕掛けてほしい。とにかく、ソフトバンクの野球を怖がらないこと。「やられる」という先入観を持たないことだ。

 私がロッテ監督を務めた87~89年は、まさに西武が黄金時代。仮に打線を2打席目まで抑えたとしても、終盤に畳み掛けられた。5、6回までならば勝負になる。しかし、先発投手に疲れが出たり、2番手以降の投手の質が落ちると…。少しでも隙を見せたなら一気に突かれる。そういう展開が多かった。

 ストップ・ザ・ソフトバンク。そのためには、他球団も救援陣の整備が不可欠だ。中村、メヒア、秋山らを擁する西武の破壊力ある打線はリーグNo・1。対抗馬として面白い存在となるだけに、高橋朋や増田ら終盤のリレーが鍵だろう。ロッテなら大谷、内、西野、オリックスは佐藤達や平野らがソフトバンクの打線を抑え、かつ相手の強力中継ぎ陣にも対抗しなければならない。

 2~5位は力の差が接近している。どのチームが王者への挑戦権を獲得するか。3位争いも熱くなるだろう。暗い話題を払しょくする、胸躍る展開を期待したい。

 ≪有藤氏のセ・リーグ順位予想≫

 1位・阪神

 2位・ヤクルト

 3位・巨人

 4位・広島

 5位・中日

 6位・DeNA

 阪神は藤川の先発入りが好材料。金本監督が横田ら若手をカンフル剤として起用、活性化につながっている。巨人はマイコラス不在で内海も不振。優勝の可能性がある一方で、Bクラスも。野球賭博などによる重いムードが戦いにも影響を及ぼすだろう。全6チームが接戦。勝負は8~9月。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月24日のニュース